TOP > ARCHIVE - 2010/02

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

新しい世界 
お久しぶりです。

パソコンでまとまった文章なんて、いつから書いていないんだろう・・と感じるほど、久々に文章を書いています。

前回の記事にコメントをくださった方でお返事ができていない方、本当にごめんなさい。

今回の記事を書くきっかけになったのは、昨年から色々とお世話になっているニトロ41さんのブログに刺激を受けたからです。

ニトロ41さんのブログを読ませていただいていると、たとえトレード方法や考え方に違いはあれど、あれだけの濃い内容、あれだけの文章量を書くことができる、トレードに対してやブログ訪問者さまに対してのニトロ41さんの姿勢というか情熱に、私は言葉にできない様な心境になります。

やはり、自分が本当に好きなことや本気でやっていること以外を続けるのは難しいので、そういう意味で、あの様な素晴らしいブログを更新し続けておられる、ニトロ41さんのトレードに対しての真剣度がどれほどのモノかと言うことに、私は憧れさえ感じます。


【私の近況】

昨年の12月中旬、私はそれまで永らくやってきたトレードとは根本的に違う、トレードでの新しい稼ぎ方に自分の思考がたどり着きました。正直、今の自分がこれほどショックを受けることが残っていたのかと思うほどの大きな気付きでした。

それから今日までの約一ヵ月半、自分のブログ更新はもちろん、私と仲良くしてくださっておられる方々のブログにコメントを入れさせていただくことさえほとんどせずに、自分のトレードだけに没頭し、新しい稼ぎ方をどんどん洗練させることに夢中になっていました。

書こうかどうか躊躇したのですが、少し書いてしまうと、今の私が通常トレードしているロットは、私が昨年12月まで通常トレードしていたロットに比べて、ちょうど30倍に増えています。

それによって利益額は言うまでもなく、時間対効果、資金対効果、厳密に言えばトレード観まで、私にとってのトレードは、それまでとは全く違う新しい世界になりました。

もちろん、ロットを増やすこと以上に「何がどう危ないのか」を明確にし、その危ない状態にならない様に何重にもセーフティネットを張っています。

今の私のトレードは、相場の上げ下げで稼ぐ今までの様な感覚ではないんです。

あえて言えば、相場をネタにして、相場以外の場所でFX業者と場外戦をやっている様な感覚です。

私は当初、圧倒的に優位性のあるトレードを見付けたと思いました。が、圧倒的に優位性のあるトレードだけでは、まだまだ危ないとすぐに悟りました。

圧倒的に優位性のあるトレードに徹することはもちろん大前提なのですけど、順調にもう一財産作りたければ、やはり資金管理・・これに尽きます。

圧倒的な優位性の部分はあからさまに書けない内容なので、資金管理の部分について極力かんたんに書くと、

「あまり自信のないトレードのロットを減らすのはアリだけど、すごく自信のあるトレードのロットを増やすのはナシ。」

いささか極論的ですが、一言で言えば上記の様な感じでしょうか。(リスクを取ってでも複利で勝負しようと考えている人には私の考え方はあてはまりません)

もちろん、全く自信のないトレードに余計な手出しをするのが論外なのは、言うまでもないです。

例えばですが、通常100枚でトレードしている人が、今回はすごく自信があるので300枚でトレードしようと考えるのは、私に言わせていただければナシです。

すごく自信があっても、100%勝つことが保障されているワケではないんです。

トレードごとの損益幅(pips)は、いつもそれほど大差ないとしたら、通常100枚でトレードしている人が、300枚でトレードしてもしも負けてしまったら、普段より大きな損失を挽回するためにどうなるでしょうか。

大きな損失を挽回するには、その損失と同等の利益か、その損失よりも大きな利益でないと、損失を挽回するために時間がかかってしまいます。

大きな損失を小さな利益で挽回して行くトレードもあるにはありますが、1回のトレードの損失を3回以上のトレードの合計利益で挽回して行くのは、いささかコツコツドカンの型に近いと言うか、直近の損失を挽回している最中は、何だか借金を返すために実質タダ働きしている様な心境になったりもします。

何より、損失の挽回に時間を喰うと言う、順調に資金を増やすことに対して時間的に足踏みすることになるのが、今までの自分が考えていた以上に大きなマイナス要因ではないかと感じる様になりました。

逆に、通常100枚でトレードしている人が、今回はあまり自信がないから30枚でトレードしようと考えるのは、私に言わせていただければアリです。

30枚のトレードで負けてしまっても、通常通り100枚のトレードに戻して1回勝つだけで、30枚のトレードの負けなど、まるでなかったかの様にあっさり挽回できてしまいます。

あまり自信がないならトレードしなくても良いのですが、これは言い方を変えれば少しなら自信があると言うことですので、全くトレードせずにチャンスを逃したとストレスを感じるより、ストレス解消の経費と割り切れる程度の、負けてもかんたんに挽回できる、通常よりかなり小さなロットでトレードするのも、それはそれで私は良いと思います。

また、通常100枚のトレードの負けも、通常通りの同規模の大きさの100枚のトレードの勝ち1~2回で、損失の挽回+利益を出すことも特に難儀ではありません。

要は、通常より突出したリスクを取ったら、そのリスクを効率良く相殺するための手段がないんです。

だから、通常より突出したリスクが大きな損失として現実化したら、順調に資金を増やすはずのトレード計画が停滞したり頓挫するきっかけになってしまうんです。

私は以上の様な理由から、いくら圧倒的に優位性のあるトレードであろうとも、破滅的な欲はかかずに自分が常に継続して行くことが可能な一定枚数のトレードに抑えています。(それが昨年の30倍増しのロットなのですが(汗 )


【2月5日の米雇用統計】

逆指値などを使って指標トレードをされておられるトレーダーさんが2月5日の米雇用統計でやられたとのお話を結構お見かけするので、ほんの少しですが、米雇用統計についての私のやり方を書いてみます。

米雇用統計については私は昨年9月から現時点の今年2月まで全て参加し、全てで利益を上げています。先月8日も今月5日も勝ちました。

私の米雇用統計の勝ち方はスキャルピングには違いありませんが、一般的な逆指値や両建てではありません。

ここでは多くの人が使っておられる一般的な逆指値を使った場合、私がどうトレードするかを書きます。

一般的な逆指値の場合、やることはシンプルです。

私の場合「逆指値がヒットして新規約定したらチャートすら見ずに即決済」です。

ここで言う「即決済」とは、使う口座や取引ツールなどの違いで1クリックで一瞬で決済動作ができる業者もあれば、決済に2~3クリックの動作が必要や業者もありますが、新規約定して3秒程度で決済する感覚だと思ってください。

米雇用統計は通貨ペアによっては1秒で100pips級の速さと値幅で動きます。

私に言わせていただければ、そんな状態でチャートを見て値動きの様子に合わせて決済しようとしても、値動きが速すぎて上手く行かない人が多いと思います。

ですので「勝つ確率の高い自分の動作」を最初から決めておいて、本番では値動きの様子に合わせようとするのではなく、最初から決めておいた「勝つ確率の高い自分の動作」を凡ミスを出さずにこなすだけなんです。

それが、逆指値の場合には「新規約定したらチャートすら見ずに即決済」になります。

一般的な逆指値の場合には「新規約定したらチャートすら見ずに即決済」することは、私の場合、トレードする前から決まっていることなんです。

そもそも、米雇用統計で逆指値を使う場合には、新規約定したら一瞬の含み損も見ずに即含み益になっているのが当たり前なんです。

逆指値がヒットして新規約定したらチャートすら見ずに即決済、それでポジによっては数十pips~の利益が出ている。それが米雇用統計第一波の速度なんです。

ですので、逆指値がヒットして新規約定して含み損になっていたら、そもそも既におかしいんです。もうこの時点でその逆指値は基本的には失敗なんです。

失敗したまま値動きの様子を見るには、米雇用統計は私のロットにとってはリスクが大きすぎます。

ですので、逆指値がヒットして新規約定したら、含み益であろうが(含み益になっていて当然の手法)含み損であろうが(含み損になっている時点で既におかしい)いずれにしても即決済なんです。

特に今月5日の米雇用統計の動きの場合、定刻1分前に大きく上に振れて、買い逆指値が定刻前に新規約定してしまった人も多かったと思います。

ここで冷静に考えていただきたいのですが、そもそも指標時の逆指値とは上下に注文を出して、上下どちらに動いても利益を獲ろうと言う作戦のはずです。

それが、定刻1分前に大きく上に振れて、買い逆指値が新規約定して買いポジションを持ってしまったと言うことは、自分は買い方として片張りの状態で米雇用統計の定刻に突入しようと言う、ある意味恐ろしい状態になってしまっているんです。

もちろん、この時点で既に上下どちらに動いても利益を獲ろうと言う逆指値の作戦からも逸脱してしまっているので、米雇用統計の定刻より前にポジションを持ってしまった場合は、問答無用で即決済して逃げるのが道理のはずです。

もっとも、お小遣い程度を稼ごうとする人もいれば、ケタ違いの大金を稼ごうとする人もいるので、人それぞれ張っているロットの違い、トレードに対する考え方の温度差もありますので、逆指値が失敗してもそのまま逃げずに様子を見る人もおられるでしょう。

ですが、私に限って言えば、大きな損失になる可能性があるトレードは1回たりとも許容することはできないので、即決済して逃げます。

私の持論ですが、大きな損失になる可能性を残したトレードをしていたら、必ずどこかで大きな損失を出してしまうことは物事の道理です。

すなわち、そういうスタンスでトレードをしている、もうその時点で、いつか必ず喰らってしまうハメになることなど、最初からわかっていることなんです。

確かに、逆指値がヒットして新規約定したら即決済では、決済が早すぎて利益幅が少なくなってしまうケースももちろんあります。

ただ私の目的は「より確実な所を確実に獲る」ことですので、やはり私は利益の大きさはロットの大きさで賄うタイプです。

とにもかくにも、負けたら何にもならん!です。

以上が「米雇用統計+一般的な逆指値」なら、私はどうトレードするかです。

(私が実際に米雇用統計で使っている勝ち方と口座はお許しください。)

※逆指値がヒットして新規約定したら即決済(保有時間約3秒)は、「米雇用統計+一般的な逆指値」での私のタイミングです。第一波が50pipsあるかどうかもわからない米雇用統計以外の指標、通貨ペアには当てはまりません。もちろん逆指値、指標トレードなどを特にお薦めすることが目的の記事でもありません。ご注意ください。


【とっちさん】

昨年12月に某所(web上)で、私の尊敬するトレーダーのお一人である「とっちさん」とやりとりさせていただく機会があり、そこで私は「スキャで稼ぐということの現実、ロットを増やすのに躊躇するなどメンタルに対してのこと」を、かなり本音でコメントさせていただきましたので、私のブログにも掲載させていただくことにしました。(とっちさんには掲載許可をいただいております。とっちさんありがとう(`・ω・´)ゞ)

===========================================================
とっちさんとnaoのスキャ談義(2009/12/14)

【二人】
本日はよろしくお願いします。

【とっちさん】
「MAクロスで入ったのに負けた」とかよく聞きますけど、
自分のトレードの基準をどこに置いてるのかなぁ~って感じる
ことが多いんですよね。

【nao】
ゴールデンクロスでショート、デッドクロスでロングするカウンタートレードも存在していますし、トレードの基準って、ホント一律じゃあないんですよね。

だから、自分のトレードの基準は自分で決めないと、その基準に適したテクニカルや、パラメータなどが決められないのも当たり前なんですがね~(´・ω・`)

でも実際には「自分のトレードの基準をどこに置いてるのかなぁ~」どころか「自分のトレードの基準をどこに置けば良いのか、まずそこから教えてください」みたいな、ある意味「ハァ~」を通り越して驚いてしまう様な方も結構おられますよね。

その様な方に「あなたはどの様なトレードがされたいのですか?」と尋ねたら「私はどの様なトレードをしたら良いのでしょう?」と、また聞き返されたりして(汗

そもそも「あなたのお金を増やすためのことなのですから、あなたが頑張ってください」なのですけどww

【とっちさん】
ノイズを拾うようなバシバシは感覚と経験なんですかねぇ

【nao】
そう言われてみれば「そうです」とお答えするしかないかもですね・・まぁ、ノイズをノイズだとわかる様になれば、ノイズが元に戻る所は儲けのネタですよ。

【とっちさん】
naoさんや〇トロさんはバチバチ抜く派ですよね?と感じるんです。

【nao】
スキャのメリットは、ごく普通のデイトレーダーさんだったら、いわゆるノイズとかダマシとか言われる様な、些細な動意でも儲けのネタにできる所なのですが・・所詮、スキャはスキャなんですよ。

例えば、高確率で勝てるスキャのエントリーポイントを覚えたとしても、それだけじゃあ、ぜんぜん実戦的じゃあない。

実際は、自分がドでかいロットを入れることができる様になるか、あるいは、バチバチ抜くとまでは言わずとも、パッチンパッチン程度(笑)は手数(自分がエントリーできるポイント)を増やして、どんどん抜いて行ける様にならないと、スキャで一財産作っていくのは現実的に難しいですよ。

高確率で勝てるスキャのエントリーポイントを覚えた!・・でも、そのエントリーポイントは1日に2~3回しか来ない、しかもロットも小さいwwじゃあ、いくら勝ててもお小遣い程度しか期待できないです(苦笑)そのクセ費やす時間は大ロットと同じだしww

「チャンスは今後何度でも来るし、これからも相場は続いて行く。だからマイペースで稼いで行きましょう。」とか、よくあるフレーズですけど、私に言わせていただければ「相場はそうでも人生の時間には限りがあるんですよ?それを忘れてませんか?」ってな感じで、あまりに薄利なマイペースにも限度ってモノがあるんですがね。

ちなみに、資金的にはもっと大きなロットでトレードできるのに、大きなロットでトレードするのを心理的に躊躇してしまう人って「自分はメンタルが弱いから・・」とか何とか言う以前に、もっとストレートに言ってしまうと、結局は自分のトレードに自信がない、自分のトレードに不安を感じて、自分で自分のトレードを信用しきれていない・・ってことなんですかね。

だって、100%確実にお金が増えるエントリーチャンス!万が一の時には政府が保障します(笑)みたいな、仮にそんなエントリーチャンスがあったとしたら、多くの人がなるべく大きなロットでトレードしたいって感じますよね?

だから逆に、大きなロットでトレードするのを心理的に躊躇するってことは、メンタルが強い弱いと言うよりは、単に自分のトレードを信用しきれていない・・ってことなのかと。

もっとも、自分のトレードに自信がないうちはロットを大きくしないのは確かに正解だと思います。

ロットを大きくする意味の根底には「勝つことが大前提」という土台があってこそなのですから。

私の場合は余計なコトせずスキャだけやってりゃ、自分はトータルでは絶対に負けない・・みたいな、自信を通り越して過信に変わりそうなアブナイ部分があるので、そんなヘンな自信は無視して、一にも二にも資金管理を徹底することが、今の自分の命綱なんだろうなって、そんなことをうすうす感じていますが・・

【二人】
本日はどうもありがとうでござりんした(JINの野風ふう挨拶)


次回は、naoの質問にとっちさんがお答えするデイトレ談義をお送りします(嘘)
===========================================================


【記憶に残っていること】

私がよくブログを拝見させていただいている方が、少し前に「ほらね、ルールを守った方が良い結果になった」と言う様なことを書かれておられました。

ルールを守ろうとするのはもちろん良いことだと思うのですが「ルールを守った方が良い結果になった」と言う様な考え方でルールを守れる様になろうとすると「ルールを守った方が悪い結果になった」ケースに遭遇した時には、いささか悩んだり混乱してしまうこともあるんじゃないかな?と、何となく私はそんなことを考えてしまいました。

ルールを守ると言うことは、結果の良し悪しを問わず常に一定の行動に徹すること自体に価値があり、そのルール自体の勝率や損益率などの良し悪しはまた別の話なんじゃないかな・・と私は思います。

この方の書かれておられたことで、私は心を打たれたお言葉がありました。

「ストップは神様です。」

私、このフレーズは生まれて初めて聞きましたが、まさにそうだと思いました。

その通りですね。ストップは相場における神様です^^


【最後に】

整備不良でいつ故障して事故を引き起こしてしまってもおかしくない車で、強いメンタルで高速道路を走れ、と言われても、そもそもに無理があります。

人間は怖いものには恐怖を感じてしまうのは自然なことなのですから。

整備が万全にされていて、エアバックなどの安全装置も十分に装備した車だからこそ、落ち着いた気持ちで高速道路を走れるのではないでしょうか。

私はトレードにも、この例えと似たモノを感じます。

トレードには、ルールを守る強いメンタルがとても大切だと言っても、強いメンタルを持てるだけの根拠がなければ、強いメンタルなど持てないのも道理かも知れません。

私はメンタルが弱いからダメだぁ。。と思っている人、もしかしたらあなたは、メンタルが弱いのではなく、まだ自分のトレードを信用しきれていないだけなのではありませんか?

私はこれで勝てる!今度こそこれで本当にやって行ける!という、自分にとって宝物の様な、本当に自分に合ったトレードの型、すなわち強いメンタルを持てるだけの根拠が見付かれば、ルールを厳守する、ロットを増やすなどの、強いメンタル(と、一般的に言われるモノ)は自然と後から付いてくるものなのかな・・と、私は今、自分の経験からそう感じています。

不安や緊張をとる一番の方法は、当たり前のことながら、直接的にその不安や緊張の原因になっているモノを取り除くことだと私は思います。

トレードが不安定で自分のトレードを信用しきれていないから不安や恐怖を感じ、メンタルも不安定になる。

すなわち、自分の行っている行為(トレード)から、不安を感じたり怖いと感じる所をなくせば、メンタルも落ち着いて安定する。そんなものです。

今回の記事は現在の私が具体的にやっているトレード、稼ぎ方などに極力触れないことを意識して書いたあまり、何だか抽象的な記事になってしまいました。申し訳ございません。

私は、これからもトレーダーです。

たった一ヶ月前の自分には想像すらできなかったほど、今の自分は進歩していることを数字が証明してくれています。

そもそもの着眼点と創意工夫、常識関係なしの突き抜けた発想、考え方次第、自分次第で、私はいくらでも強くなれます。

ありがとうございました。


利幅を狙おうと思えば、ポンド円のボラティリティの大きさは自分の読みが当たればメリットになりますが、数pipsでも着実に利益を積み重ねて行こうと思えば、ドル円のスプレッドの狭さはエントリーした時点でもうメリットになっています。

特にロットを増やしてトレードする場合には、エントリーした瞬間のスプレッド損もドキッと感じてしまうこともあるので、スプレッドと約定力を考えると現状ではDMMが一番トレードしやすいと私は感じます。

またブログランキングに参加することにしました。
私のブログが少しでもご参考になれば応援クリックいただけると嬉しく思います。



私と同じく相場で心を砕きながら一生懸命がんばっておられる方々に
心から敬意を表します(`・ω・´)ゞ

貴重なお時間を割いて私のブログをお読みくださいまして本当にありがとうございました。





日記 | TB : 0 | CM : 12 - | Top▲

COMMENT LIST

【】 by とっち


お久しぶりです。
とても興味深い内容での復活ですね。
トレードを仕事として考えられてる熱意に
感動すら覚えます。
ファンドや銀行と言っても他人のお金を
運用しているサラリーマンですしね。
人間は誰しも「安定した収入」「ボーナス」
を欲しがる思考回路を持っていると思います。
また勉強させてください。

【naoさん♪おひさしぶりです♪】 by くるり♪


ずっと、お礼の報告をしようと思っていたのですが・・・
naoさんが、顔出してくれたのに(^-^;
くるり またダメモードに入ってしまってます・・・
情けないですね(-_-;)
naoさんが、元気な強い意思表示をしてくれて
ちょっとホッとしました・・・
このまま、更新もされずに自分の世界に
没頭されるのかな・・・って
ちょっと寂しい感じがしてましたので(^-^;
体調は、いかがですか?
naoさんの世界には、くるり、まだまだ遠いです・・・
また笑われそうですが(^-^;
頑張りますね♪
naoさん♪無理だけはされませんように♪
また、遊びにお邪魔させていただきます♪

【】 by ヒゲモギュ


なんだか勇気がわきました!

【】 by のんきなママ


こんにちは。はじめまして。
ふらふらとリンクたどってやってきました。

最近の私の扱い方の逆転の発想で、大変参考になりました。
ありがとうございます^^

【惑わすだけ】 by kome


ニトロ41さんのブログはすばらしいと思います。あなたのブログは人を惑わすだけ...そう思うのは私だけでしょうか。

【】 by -


上の方は手法を具体的に知りたかったのでしょう
他人の苦労して得たものを楽して知りたいと思ううちはまだまし
勝つためにどうすればいいかをこれだけ教えてくれる方に対して僻みコメントは許せないなあと思うのは私だけでしょうか。

【】 by TAKA


komeさんという方は、このブログの他の記事やコメント欄での
これまでのnaoさんの対応をご覧になっていないのではないでしょうか。
ご覧になっているなら、あなたのブログは人を惑わす"だけ"と言う
コメントは普通出てこないのでは?
多くの方にとってこのブログは、惑わされる以上に得る物が
多いブログだと私は感じますが。

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【】 by song


こんにちは。

>相場をネタにして、相場以外の場所でFX業者と場外戦をやっている

アービトラージでも始めましたか(笑)。
これについては色々見解があると思いますが私は通貨同士の相関関係よりFX業者間でのシステム上の相違がもたらす一種のラグを見つけるやり方が一番優位性があるかと思っています。早く言えばブックメーカーのアービトラージと同じってことです。ブックメーカーでは勝敗がまるで逆の業者が存在しますがさすがにFXではそこまではないでしょう。でも明らかにあそこの業者よりここの業者のほうが数分(数十秒)早い動きをするということを突き止めておけばあとはチャートなど全く見ずに2業者(あるいは3,4業者)の値動きだけ追ってればほぼ百パー勝てますよね。今は数え切れないほどFX業者が存在してます。国内の業者間では無理かもしれませんが海外と国内の業者では値動きが違うことがあるかもしれませんよね~(秘密)。

【管理人のみ閲覧できます】 by -









| HOME |


ご案内
ご訪問くださいまして誠にありがとうございます。naoと申します。

当ブログは読者さまからいただきましたコメントへのお返事にブログ記事の補足を書かせていただいている場合が多々ございますので、ブログ記事と合わせてコメント欄もお読みいただければ誠に幸いでございます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。